新着情報 News

  • 2018年5月21日
  • 国民民主党に入党しました。
  •  昨年の秋の衆議院選挙では、無所属での立候補か希望の党からの立候補か、どちらかの選択を迫られました。私は、安倍政権を倒すためには、過半数の議席を得なければならず、政権交代の可能性のある希望の党からの立候補を選択しました。しかし、その後、政策協定にはなかった憲法9条の改正問題や「排除」発言などもあり、結果として安倍政権を倒すことはできませんでした。



    その後野党の再編があり、ご案内のように民進党が存続政党である国民民主党へと変わりました。鳥取県では、民進党鳥取県連所属の自治体議員の全員が、国民民主党へ参画します。私も仲間の皆さんと行動を共にし、安倍政権を倒すために、国民民主党に参画することに致しました。



    立憲民主党への参画の選択肢もありましたが、政策面においてはもともと同じ政党ですので、大きく違いません。イメージではなく実際の政策を比較されれば、ご理解頂けると思います。近い将来、立憲民主党も含めた中道から左派リベラルまでの野党が再結集を図り、政権交代し国民の信頼を回復して、改めて国民の皆さんの生活を支える政治をしなければならないと考えます。ご理解頂きますようお願い申し上げます。


  • 国民民主党に入党しました。